Skip to content

一般家庭の水道詰まり修理をセルフでおこなう方法

洗面所やキッチン・浴室など、一般家庭内には少なくとも3か所以上の水道があります。

どれも1日に数回は使用するため、不具合も発生しやすくなっているのが特徴です。頻発しやすい不具合として挙げられるのが水道詰まりで、ハンドルバルブを開放しているにも関わらず水量が十分でないという現象を体験された方も多いことでしょう。この水道詰まりは供給される水に含まれている塩素によって引き起こされます。一般家庭で水道詰まりをセルフで修理するには、「ワイヤーブラシ」という道具を使用します。この「ワイヤーブラシ」はホームセンターで約1200円で販売されており、専門修理会社でも用いている道具です。

修理をする際はまず、給水栓を閉めることから始めます。この給水栓は住居全ての水道の流れを止める元栓であり、予め洗浄等で必要となる水は浴槽やバケツに蓄えておきましょう。給水栓を閉めてから、水道詰まりを起こしている水栓の蛇口を取り外します。モンキーレンチという工具を用いて蛇口の根元部分のナットを反時計回りに回せば取り外すことができ、その箇所から「ワイヤーブラシ」をゆっくりと挿入していきます。

前後左右に動かしながら掃除をすれば水栓器具内部に付着していた塩素を取り除けて修理完了です。専門知識や資格などは一切必要がなく、力の弱い高齢者や女性でも簡単にセルフで水道詰まり修理がおこなえます。必要となるコストは道具代のみであり、1度購入すれば何度でも使用できて経済的といえます。
水道詰まりの修理のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *