脱毛なら新宿でするべき

日焼けしている皮膚にレーザー脱毛はできるのかどうか

日焼けしている皮膚の状態でも、病院でのレーザー脱毛はできるのでしょうか。

病院でできるレーザー脱毛ではありますが、常に施術可能ではないです。最も皮膚の状態で避けるべきなのが、皮膚の日焼けをしている症状があるときです。レーザーの仕組みが関係しているので、皮膚を黒く焼いた状態の人は気をつける必要が出てきます。黒い色へと反応して高い熱が加わり、レーザ照射で脱毛処理の効力を出すことになります。皮膚の黒くなった状態は、黒いメラニンが活性をしているために、レーザーをあててしまっては、皮膚の表面は火傷をすることになります。

パワーを少し下げてレーザーをあててみて、火傷をしないからと安心ができないです。皮膚が黒くなっていますので、レーザによって、そのまま色素沈着を引き起こることは、想定内として考えられるためです。人間が思っているよりも、皮膚は正直に反応をしますので、安易には考えることができません。病院で日焼けした皮膚へのレーザーができた場合でも、その時はすごくパワーが弱い設定になっています。

レーザーをあててはいても、パワーが低いために、レーザーなのに脱毛の効果が薄くなることもあります。レーザー脱毛ができるのかどうかは、病院での施術になりますので、皮膚のプロのドクターに判断をしてもらってからになります。皮膚への日焼けをしたら、状態を回復させるのが先決ですので、1ヶ月から3ヶ月ほどは、病院でのレーザー脱毛をお休みすることになると考えておくべきでしょう。

新宿でレーザー脱毛するならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です