脱毛なら新宿でするべき

サロンで行われる光脱毛とは

今やサロンで脱毛を受けることは一般化しており、多くのサロンのCMや広告を目にする機会も多々あり、全身脱毛を受けるというのも珍しいことではなくなっています。

しかし、脱毛は痛い、時間がかかる、何度も通わなければならないというマイナスイメージもありますが、実際のところはどのようなのでしょうか。結論から言うと、痛みはほぼありません。光脱毛はメラニンに反応する特殊な光を照射することで毛穴にダメージが与えられ、毛が細く薄くなっていき、いずれは抜け落ちて生えてこなくなるというものです。かつてのニードル方式は一つ一つの毛穴に針で電流を流して毛根に強いダメージを与えていたので、痛みも強いものでした。

また、毛穴一つ一つに施術を行わなければいけないので、全身を行おうと思ったら長期戦で臨まなければならず、費用もそれに伴い膨らんでいきました。でも、光脱毛の場合は広い範囲で光を照射することができるので、最近機器を導入しているサロンでは1時間ほどで全身の施術を行うことができます。ただし、光の出力は強くないので、体質にもよりますが6~8回受ける人が多く、期間としては最短で1年と大分短縮化しています。

痛みもたまにパチッとゴムで弾いたような刺激があるだけで、その刺激も全く無いという人が多く、低刺激で施術を受けることができます。機器の性能の向上により痛みが無く、期間も短く受けられるようになり、価格も競争が激化しているのでお手軽になっているために、今や身だしなみとしてサロンに通うことは一般化しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です